性別で異なる薄毛の原因と育毛対策

###Site Name###

薄毛の原因は、男性か女性かによっても異なります。

男性に多いのが、男性ホルモンの働きによる薄毛です。

男性ホルモンの影響を受けやすい体質を遺伝的に受け継いでいる人は薄毛になりやすいので、少しでも症状が表れたら適切な育毛対策を行うことが大切です。

このタイプの対策としては、男性ホルモンの働きを抑制する育毛剤を塗布する方法が最も有効です。

また、ホルモンバランスはストレスや不規則な生活により乱れることもありますので、ストレスを溜め込まないようにすることと、規則正しい生活を心掛けることも大切です。

その他、男性の薄毛の原因としては過剰な皮脂分泌もよく見られます。
皮脂分泌が多く、頭皮に常に皮脂が浮いている状態の人は、頭皮を清潔に保つことが難しくなります。シャンプー後の短時間は綺麗な状態でも、すぐに脂浮きしてしまうようでは、毛母細胞の働きが鈍ります。
このような場合、皮脂分泌を抑えるタイプの育毛剤を塗布し、食事内容を見直して脂ものの摂取を控える必要があります。



女性の薄毛の原因で多いのが、女性ホルモンの乱れです。



女性ホルモンの分泌量は通常の状態でも一定ではなく、多少変化します。

その乱れが最も大きくなるのが、妊娠、出産時です。
妊娠中は女性ホルモンの分泌量が増えて、髪の毛は長い成長期に入ります。

普段のサイクルで考えると休止期に入っている髪の毛も成長を続けますが、出産と同時に女性ホルモンの分泌量が急激に減り、髪の毛は一気に抜け落ちます。

ただし、産後半年程度が経過すれば自然に女性ホルモンの分泌量が安定し、薄毛の症状も改善しますので、過度な心配は無用です。

また、パーマ液やカラーリングの薬剤による薄毛も、女性に多く見られる症状です。


薄毛の症状が目立つ間はパーマやカラーリングを止め、様子を見る必要があります。

多くの場合は特別な育毛対策を行わなくても、自然と治まります。ただし、頭皮の環境に問題がある場合は、スカルプシャンプーに切り替えて様子を見る必要があります。
育毛シャンプーなら、余分な皮脂や汚れだけを落とすことができます。